CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
つぶやいたり
参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

vitblueMyノート  
ブックマーク
** vanish into the blue **
もうひとつのブログ。日々のあれこれ。

ウェブアルバム
こちらでブログには載せきれなかった写真を公開中

eine Pause machen
adelheid様のブログ

artscape
アート情報をチェック

Z会(快傑ゾロ同盟)
桟田バーバラ様が運営する「快傑ゾロ」のファンサイト

本棚
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
QLOOK

* vanish into the blue * travel

 旅のいろいろ。
 
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    ソウル(2010年5月25-29日) 15 漢江
    0
      明洞を後にして、やってきたのはここ。



      ソウルを流れる漢江。憩いのスポットですね。
      遊覧船に乗って、川からソウルの街を眺めようという目論見。
      地下鉄の汝矣ナル(ヨイナル)駅を降りるとすぐ、漢江が見えます。
      川沿いを歩くと、すごく気持ち良かったです。





      良い感じに日が沈んできました。
      5月でも結構、冷えましたね。

      駅から5,6分も歩けば遊覧船乗り場に着きます。
      もっとも、写真を撮ったりしながらのーんびり歩くともっともっと時間はかかりますが。

      20:10発、13,000ウォンの遊覧船。夜景を目当てにこの時間。



      船に乗り込み、客席へは座らずデッキのベンチへ。
      韓国の国旗があり、ここで記念撮影をする人、多数。





      ソウルは日が長いので20時ちょっと前でもこの明るさ。
      真っ暗よりも、日が沈んだ直後のまだ青い空の色が好きなので 、
      この時間は我ながら良い選択だと思いました!
      昼間の遊覧船も良さそうですが、 遅めの時間に行くと夕陽と夜景と両方見ることができて個人的にオススメです。







      さすがに出航する頃には 暗くなりました。

      川沿いに立つビルなど(遠くにNソウルタワーも見えます)も見所ですが、
      何と言 っても最大の魅力は漢江にかかる橋です。
      ソウル市内には橋が18、鉄橋が3あるとのこと。
      一つ一つが異なるデザインで、橋が見えてくるたびに次はどんなデザインだろうとワクワクします。



      普通は「渡る」橋を、船で「くぐる」のも楽しい。



      ライトアップされた橋自体も美しいのですが、それらが水面に映る様子がまた 格別なのです。
      キラキラして、テンションが上がります。
      この景色を楽しめて13,000 ウォン(1000円くらい)は安いと思います。

      最後に、約90分の川旅を終えて川岸から撮った写真。船もカラフルにライトアップされています。


      | 10_05_25-29_ソウル | 01:10 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      ソウル(2010年5月25-29日) 14 ソウル中央郵便局
      0
        明洞に出てきました。
        歴史絵巻の世界から一気に現代へ。



        お目当てはここ。
        どどーん、と「ポストタワー」と呼ばれるソウル中央郵便局。
        前の広場みたいなところ、足元に切手。





        これだけで切手好きな私のテンションUPです!!

        中に入る前に周りを見渡すと、ソウルの中心地らしく素敵な雰囲気でした。
        都会なんだけど、レトロな建物とかあって。
        それにしても車が多かった。






        道路の真ん中に、噴水。
        そしてその向こうに韓国銀行。
        東京駅などで有名な辰野金吾の設計だそうです。かと思えば・・・



        振りかえるとこんな現代的なビル!
        この ソウル中央郵便局の地下に、郵便(切手)の博物館「Korea Stamp World」があります。



        切手好きとしては行くしかないスポットですね〜。
        入場は無料でした。
        韓国の郵便の歴史が遊びながら学べます。





        写真OKだったのでバシバシ撮ってきました。
        なかなか興味深い展示でしたよ。





        特に切手の展示に釘付け。
        さまざまなデザインのものを見ることができて楽しかったです。



        これは、切手の塗り絵。
        コンピュータ上で切手を自分の好きな色に変えることができました。



        こちらは韓国で発行された切手を年ごとにパネルに展示。
        ガラガラと引き出しながら見ます。

        切手って、小さな小さな版画作品なんですよね〜。
        デザインや技術、注目すべきところがたくさんあります。

        最後に、ショップで切手を買いました。
        ショップの壁面に番号付きで展示されている切手を見ながら、
        申込用紙にその番号と欲しい枚数を書き込み、レジのお姉さんに渡します。
        ある程度は過去のものも手に入るので嬉しい。






        外へでるとさすが明洞。
        人!人!!人!!!という感じ。



        うわ!足乗ってる!!!と思わず撮影。
        もちろんマネキンの足だけど。
        ちょっと怖いよ、お兄さん。



        ショッピングも楽しみたいけど、
        今日の私はこの後もっと素敵なところへ行くのでした〜〜♪
        | 10_05_25-29_ソウル | 01:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ソウル(2010年5月25-29日) 13 宗廟その2
        0
          さてさて。宗廟の続き。



          この横長の正殿は、王や王妃が亡くなるたびに増築されたのだとか。
          整然と並んだ柱の一本一本とその間から流れ出てくるような荘厳な雰囲気。
          こんな軽そうな言葉で表現していいのかどうなのか・・・まさにパワースポット。



          この、ところどころにニョキっと出ていた輪っか。
          テントを留めるためのものらしい。
          油断するとつっかかりそうになるけど。



          ここもやっぱり真ん中は神様の道。







          ディテールにも注目。





          可憐な白い花。
          その白は弔いの色か、王家の清純の色か・・・

          なんだか清々しい気持ちになって宗廟を後にしました。

          | 10_05_25-29_ソウル | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ソウル(2010年5月25-29日) 12 宗廟
          0
            食後は、これまた世界遺産の宗廟へ。
            すごいなぁ。1日で世界遺産2つ制覇ですね。
            世界遺産がこんな街の中にあるというのもすごいですが。



            宗廟入口の前は公園になっていて観光客や地元の人で賑わっていました。

            ここは入場するのに時間が決まっていて、ガイドさんと一緒に回らなければいけません。
            自由観覧はできないのです。
            日本語のツアーは14:00からだったので少し待ちました。
            こちらもガイドさんは民族衣装で案内してくださいました。



            ピンクの衣装がカワイイ!! そして、やっぱり日本語がお上手でした。
            宗廟のガイドさんは、身振り手振りや表情が豊かで、お芝居を見ているようで面白かったです。
            午前中に行った昌徳宮のガイドさんは、繰り出すジョークがとっても気が利いていました。
            どちらも良いガイドさんでしたよ!!

             

            石の道。中央が高くなっています。
            最初にガイドさんが教えてくれたのは、この中央の道は絶対に踏んではいけないということでした。
            この中央はここに祀られている王族の祖先たち(の霊)= 神様 が通る道なんだとか。
            ちなみに、両脇は王族(まだ生きてる人たち)が通る道。
            みんな中央を踏まないように慎重にガイドさんについていきます。



            緑豊かな場所。
            かなり暑かったですが、木陰は気持ちよかったです。





            正殿への門。
            正面にまわる前にガイドさんの説明。

            ※えーっと、ここまで来るまでにも見どころは多々あったのですが、私、暑くてボーッとしてました。
             ゆえに撮った写真もイマイチ&ガイドさんの説明もあんまり残っていない・・・

            王とその王妃の位牌が安置されている場所。



            横長過ぎてカメラにおさまりません。







            この整然と並んだ柱の美しいこと!!!
            惚れ惚れしますね〜〜

            *****

            さてさて。だいぶ更新が遅れました。
            そろそろソウル旅行記、終わらせないとですね。
            もうしばらく、お付き合いのほどよろしくお願いします。

            | 10_05_25-29_ソウル | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ソウル(2010年5月25-29日) 11 道に迷った後、昼食
            0
              昌徳宮の後は、ここから程近い宗廟へ。
              地図を見ると歩けそうなので、足が痛くなり始めてたけどテクテク。



              しかし!!

              改めて地図を見ると私が進んでいた方面の門からは入れないと書いてあり・・・(涙)
              門まで行って気が付くよりは、まだ傷は浅かった。
              ということにして引き返しました。





              でも途中、噴水なんかもあったりして。




              また、ソウル大学校病院もチラ見できて。

              迷ってこその一人旅。これもまた思い出なのさっ(強がり)。


              安国駅まで戻ってお昼。 仁寺洞で適当にお粥屋さんに入りました。
              お腹をいたわるチョイスです、お粥。
              松の実のお粥にすると、こんな不思議なものがでてきました。





              お米どこ?!
              粒が全然なくってクリーム状。
              ちょっと固めのホワイトソースみたいな。
              もちろんホワイトソースじゃないですけど(笑)

              付け合せのキムチなどが美味しくて。
              お粥(と呼んでよいのやら)と一緒に食べると、 見た目チーズフォンデュっぽくて面白かったです。
              いやいや、キムチの辛さと松の実の甘さが程よく絡み合って美味しかったです。
              それにしても、軽めにご飯のつもりがモッタリとお腹にたまりました。
              やられたー。

              食後に出てきたサービスの梅茶がものすごく美味しかったです。

               
              | 10_05_25-29_ソウル | 01:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              ソウル(2010年5月25-29日) 10 続々々・昌徳宮(後苑)
              0
                しつこいけれど、まだ昌徳宮。これで最後。



                六角形のなかに六角形。二重になっているのは大変珍しいとか。




                この池は朝鮮半島の形になっているんですって。
                写真ではわかりにくいですね。
                というより、現地で見てもイマイチわかりませんでした(雰囲気で感じましょう)。





                この石は皇帝があるく道すじらしいです。
                ここを歩いて皇帝気分♪

                この日は田植えのイベント中。





                ここでは、王自ら田植え&稲刈りをしていたらしいです。
                なので、王宮の中で唯一この「清潴亭」だけが藁葺きなんだとか。

                で。



                イベントとあって、チヂミとマッコリを無料で提供していました。
                もちろん並ぶ!飲む!!食らう!!!
                チヂミもマッコリも美味しい。歩き疲れた後なので余計に!
                マッコリ初体験でした。
                酸味があって飲みやすいけど、度数は高めとのことなので気をつけねば。

                後苑のツアーも終わりが近づく。



                木漏れ日がキレイ。



                ボコボコした幹の木。なんかカワイイ。

                後苑は、花も見どころの一つでした。









                迷ったけれど行って良かった後苑!!
                でもだいぶ歩き疲れました・・・。
                 
                | 10_05_25-29_ソウル | 01:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                ソウル(2010年5月25-29日) 9 続々・昌徳宮(後苑)
                0
                  久々の更新です。すみません。
                  まだまだ続く昌徳宮。ここから後苑編。

                  奥へ進むと、チケットブースが出現。
                  何だろうと思っていると、ここから先は自由観覧ができない後苑らしい。
                  ガイドツアーに参加しないと入ることが出来ません。
                  言語別にツアーが設定されていて、私が行った時はちょうど日本語ツアーが始まろうとしていました。
                  ここから別料金(5000W)&2時間ほど歩きっぱなしのツアーとのことで悩んだですが、
                  タイミングが良かったので参加。せっかくだし。世界遺産だし。

                  というわけで緑あふれる後苑へGO!!



                  結果、正解でしたね。いろいろと。



                  まずは森林浴ができました。
                  日差しも強くて暑い日だったのですが、木陰は少し涼しく感じました。



                  左の女性はガイドさんの後姿。伝統的な衣装で案内して下さいました。
                  日本語もお上手で、学生時代は埼玉におられたそうです。
                  他のツアー参加者さんたちは団体さんとかグループ旅行の人ばかりで、
                  一人での参加は(おそらく)私だけだったので、結構ガイドさんが話し相手になってくれました。







                  装飾の無い、シンプルな木材そのままな建物が逆に新鮮。




                  途中、池も何箇所かあり。




                  これは「不老門」という石でできた門(石の門は珍しいんですって)。
                  門をくぐったら長生きするとの言い伝えがあるとか。





                  芙蓉池。
                  この辺一体はドラマ「チャングムの誓い」のロケ地だったとか。
                  池の周りを登場人物たちがお散歩したりしていたらしいけど、ドラマ見たことないから感動も薄い。
                  でも池周りの景観自体には感動しましたよ。

                  さらに後苑の奥へと進みます。

                  | 10_05_25-29_ソウル | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  ソウル(2010年5月25-29日) 8 続・昌徳宮
                  0
                    まだまだ昌徳宮。











                    どこを見ても細かく美しい細工。
                    落ち着いた緑色とレンガのような落ち着いた赤色との調和のなかに、
                    鮮やかな黄や橙色、ピンク、青などで彩られた文様。





                    こちらは大造殿。
                    王と王妃の寝殿です。



                    螺鈿細工がキラキラ。



                    これは日時計でしょうか。










                    柱や壁のちょっとした側面なんかにもこんな模様。
                    見逃せない・・・

                    次は後苑特別観覧へ。

                    | 10_05_25-29_ソウル | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    ソウル(2010年5月25-29日) 7 昌徳宮(写真多いです)
                    0
                      やっと2日目の旅行記に突入です。
                      前日のお昼のサムゲタンがよほど効いたのか、夜も朝も何も食べずにOKでした(笑)
                      安国駅からテクテク歩いて昌徳宮。



                      立派な門構えに圧倒されます。
                      正門は韓国最古の門らしい。
                      そうそう。この昌徳宮、何を隠そう(別に隠してはないけど)世界遺産!!
                      1997年に登録されています。
                      前日の徳寿宮もすごかったけど、昌徳宮も期待が高まります。





                      中に入ると・・・さすがに広い。



                      仁政門。



                      整然と並んだ柱の美しいこと。



                      宣政門。
                      この奥の宣政殿は屋根に青い瓦が使われています。



                      韓国の王宮で瓦が青いのはここだけだそうです。
                      と、近くにいた団体のガイドさんの話を盗み聞き。ふむふむ。
                      でも何故青いのでしょう??要研究。





                      宣政殿のお隣の建物。
                      屋根のそり具合が面白い!

                      それにしても。
                      建物のひとつひとつ、鮮やかな色と細かい装飾(文様)に終始ため息。
                      天井に柱にと、しばしディテールを堪能。















                      「あの建物のこの部分」というのがハッキリわかりませんが・・・(すみません)





                      これはオンドル(韓国の伝統的な床下暖房)の煙突ですね。

                       





                      キレイな牡丹もたくさん咲いていました。

                      今日はここまで〜。
                      昌徳宮、写真いっぱい撮ったのでまだまだ続きます。

                      | 10_05_25-29_ソウル | 00:32 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                      ソウル(2010年5月25-29日) 6 仁寺洞
                      0
                        バスで仁寺洞へ戻ってきました。
                        ポジャギや韓紙などの雑貨店が軒を連ねるなか、ギャラリーもたくさんあります。
                        しかもほとんどのギャラリーが無料のようです。



                        こちらのギャラリーはビルの地下1階から地上3階まであります。
                        それぞれのフロアで現代作家さんの個展。
                        1階はまだ展示中で、ギャラリストさんと作家さんでしょうか。
                        ああでもない、こうでもないと、展示に悩んでおられたご様子でした。





                        いろんなギャラリーにフラフラと気の向くままに入ってみました。
                        ユニークな作品ばかりで楽しいですよ。
                        今日見た作家さんのなかで、
                        いつか日本や他の国で作品を見られるようになる方が出てくるかなぁ。








                        ギャラリーも良いけど買い物もね。
                        韓紙で作った封筒や、お手頃価格のポジャギのマットなど購入。
                        マットは額に入れて部屋に飾ろう!
                        それから、ポジャギに興味を持っている母に色とりどりの麻を買いました。




                        韓国の伝統菓子。見た目が可愛くて思わず激写!!




                        おしゃれな照明にも注目ですね。

                        ソウル一日目、満喫。歩きすぎて足が痛い。
                        万歩計のカウンターは3万歩を軽く超えました。新記録っ!!


                        さぁて、明日は昌徳宮だ!

                        | 10_05_25-29_ソウル | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |